特殊車両通行許可申請-行政書士路サポート事務所

特殊車両通行許可申請手続きに必要な用語の意味

特殊車両通行許可申請手続きを行うときに、軸重や最遠軸距など日常であまり聞かない用語が使われています。
ここでは、それらの用語について意味を解説いたします。

 

@車両重量、総重量とは

車両重量とは、車両そのものの重さのことです。燃料満タン、オイル、冷却水は
規定量補充された状態での重量で、工具やスぺタイヤなどは含みません。

 

総重量は、車両重量に「乗車定員の人数分の重量」と「最大積載量」を足した重量です。
乗車定員は1人あたりの体重を一律55Kgとして計算します。
2人なら55kg×2=110kg、3人なら55Kg×3=165Kgです。

 

車両総重量=車両重量+乗車定員×55Kg+最大積載量

 

これは、ある車両の車検証の抜粋ですが、
乗車定員が2人@、最大積載量が38720kgA。車両重量は7150kgBです。特殊車両通行許可,全国対応,行政書士,愛知県

 

従ってこの車両の総重量は、7150kg+55kg×2+38720kg=45980kgCとなって、
車検証記載の車両総重量とぴったり一致します。

特殊車両通行許可,全国対応,行政書士,愛知県


ちなみに、特車通行許可申請の車両諸元入力における自重の欄の一番左に、車両重量を入力します。

 

A軸重とは

軸重とは車軸1本にかかる重量をいいます。車検証に記載されている軸重を全部足すと、
車両重量になります。特殊車両通行許可,全国対応,行政書士,愛知県

 

軸重を足すと車両重量になります。
4850kg+2300kg=7150kg特殊車両通行許可,全国対応,行政書士,愛知県

 

 

B隣接軸重とは

隣接軸重とは、隣り合う軸重の合計軸重のことです。

 

特殊車両通行許可,全国対応,行政書士,愛知県
車軸が隣り合っていますので、隣接軸重が問題となります。
この場合、前の軸重が9トン、後ろの軸重も9トンとすると、合計18トン
が隣接軸重となります。

 

隣接軸重は、隣り合う車軸が離れている距離(軸距)によって制限値が
決められています。
・隣り合う車軸の軸距が1.8m未満の場合、18.0トン
・隣り合う車軸の軸距が1.3m以上あり、さらに隣り合う車軸の軸重が
いずれも9.5トン以下の場合、19.0トン
・隣り合う車軸の軸距が1.8m以上の場合、20.0トンです。

 

 

最遠軸距とは

最遠軸距とは、最も離れた車軸の中心間距離のことです。
特殊車両通行許可,全国対応,行政書士,愛知県

 

 

D輪荷重とは

輪荷重とは、1個の車輪にかかる重量のことです。軸重を車輪数で割ると算出できます。

 

例:軸重10トン、車輪数2個の場合→10÷2=5トン

 

特殊車両通行許可,全国対応,行政書士,愛知県

 

申請はどなたでも行うことができますが、当事務所で代行も行っております。

 

お問合せフォームにてご相談ください。

 

トップへ戻る